Tegaki※AIで漢字などの手書き書類をデータ化

Tegaki,漢字 手書き書類,アプリ
今まで手書きで書いていた書類をデータ化したいんだけど、自分たちでデータ入力をすると、手間とコストがかかるんだよね。何か良い方法ないかな?
それなら「Tegaki」っていうサービスがオススメだよ。イメージ化した手書き書類をAIが読み取って、データ化してくれるんだ。認識率99%以上でデータ入力の手間とコストが省けるよ。

Tegakiとは、AIによる手書き書類のデータ化サービスです。人工知能の研究や開発、関連ソリューションサービスを提供する企業「Cogent Labs」によって開発・提供されています。

この記事では、そんな便利なAI搭載サービス「Tegaki」の魅力と使い方をご紹介していきます。

Tegakiの魅力と評価

Tegakiとは、身の回りにある様々な紙媒体をデータ化することができるツールです。紙媒体は視認性も高く、取扱が簡単であるというメリットもありますが、保存場所が必要で対象データを取り出すもの大変というデメリットもあります。「Tegaki」はこれらのデメリットを解消することができます。

1. Tegakiの魅力とは?
  • 認識率99%以上

Tegakiは、独自のOCR(コンピュータが読み取れる文字コードに変換するソフト)やディープラーニングにより、文字の認識率が99.2%になっています。

  • 読み取れる文字の多さ

Tegakiは、活字や手書き文字はもちろん、チェックボックスやマルチラインも読み取れます。

  • 対応言語の拡張性

Tegakiは、業界用語を含む各種多言語の読み取りも可能です。

2. Tegakiの評価は?

Tegakiの利用者の声をご紹介します。

アンケート用紙や申し込み用紙など一文字ずつ書く欄がボックスになっていたり、チェックボックスがあったりしても人認識してくれるので便利です。
Tegakiは従来の画像認識では読み取れなかった大きく崩れたstrange文字も読み取れるのでビジネスでも使えます。
Tegakiを使うことでデータ入力にかかっていたコストが30%も削減できました。助かっています。

Tegakiの導入手順

Tegakiを導入す際は、「Cogent Labs」にお問い合わせし、担当者からの連絡を待ちます。

1.公式サイトにアクセス

下記サイトにアクセスし、「お問い合わせ」をクリックします。すると、お問い合わせフォームが表示されます。

https://www.tegaki.ai/

公式サイトにアクセス

2.必要事項の入力

お問い合わせフォームで、「名前」「会社名」「部署」「役職」「業界」「電子メール」「電話番号」「お問い合わせ内容」を入力し、「月々の処理枚数」「お問い合わせ内容(導入か提携)」を選択します。

必要事項の入力

3.問い合わせ

最後に「問い合わせをする」をクリックして、担当者からの連絡を待ちます。

問い合わせ

Tegakiの利用手順

Tegakiの利用手順は大きく分けて4つになります。

1.イメージ化

手書き書類をスキャナーやカメラで読み取って画像データにします。画像データのファイル形式はPNG・JPGになります。

イメージ化

2.前処理

画像データをさらに読み取りやすくするために、下記の処理を行います。

  • サイズの調整
  • 傾きの調整
  • ノイズの除去

前処理

3.読み取り

前処理をした画像データから、手書き文字・シングルライン・チェックボックスなどを認識し、デジタル化します。

読み取り

4.データ連携

デジタル化したデータをAPIで自社システムと連携します。さらに、CSVやExcelでの抽出も可能です。

データ連携

Tegakiに関するまとめ

  • AI搭載の手書き書類のデータ化サービス
  • 文字の認識率が99%以上
  • チェックボックス・マルチラインにも対応
  • 業界用語を含む多言語に対応
  • 利用手順は簡単4STEP

AIによる手書き書類のデータ化サービス「Tegaki」を是非、使ってみて下さい。

「Tegaki」で大量の伝票をデータ化しよう!

投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。