Money Forward※スマホやパソコンで自動家計簿

Money Forward,家計簿,銀行口座
自分のお金をしっかり管理するために家計簿をつけようと思ってるんだけど、ちゃんと続けられる自信がないんだよね。何か良い方法ないかな?
それなら「Money Forward」っていう自動家計簿アプリを使うと良いよ。金融機関と連携して、家計簿を自動で付けてくれるから簡単で続けやすいんだ。

Money Forwardとは、自動家計簿アプリ・Webサービスです。銀行口座やクレジットカードなどを登録しておくと、自動で収支のグラフ化やカテゴリーごとの分類をしてくれます。他にも、レシートならカメラで撮影するだけで家計簿に反映され、付け忘れ防止の通知機能など便利な機能が豊富で、続けやすくなっています。

この記事では、そんな便利な自動家計簿アプリ「Money Forward」の魅力や使い方をご紹介していきます。

Money Forwardの魅力と評価

Money Forwardとはどんなツールで、何ができるのか?また、利用者の評価をご紹介します。

1. Money Forwardの魅力とは?
  • 自動で家計簿を付けることができる
  • スマホ・パソコン両方から利用することができる
  • 金融機関と連携することができる
  • カテゴリーの分類や収支のグラフ化も可能
  • レシートは撮影するだけで家計簿に反映
  • 付け忘れ防止の通知機能もある
  • これらのサービスが無料で利用できる
2. Money Forwardの評価は?

Money Forwardの利用者の声をご紹介します。

複数の銀行、クレカ、証券会社、ポイントがリアルタイムに近い形で確認できるので、1日に何回もアクセスしています。家計簿アプリは他にもありますが、このアプリはすべてが連携していて一元管理が可能。利便性が非常に高いため、他のアプリは必要なさそうです。

(公式サイト引用)

とても面倒なお金の管理をイノベーションによって便利で楽にしてくれました。最初は金融機関を連携することが不安でしたが、振込用の暗証番号やクレカ番号は登録しないので不正取引されるリスクはありません。開発スピードが早く機能も進化し続けていて、今後に期待しています。

(公式サイト引用)

Money Forwardの導入方法

Money Forwardは、スマートフォン・パソコンの両方に対応しています。

1.スマートフォンで利用する場合

下記リンクよりアプリをインストールします。

App Store / Google Play

インストール

2.パソコンで利用する場合

下記URL より「Money Forward」公式サイトにアクセスすることができます。

https://moneyforward.com/

アクセス

会員登録をしよう。

アプリをインストールしたら、まずは会員登録をしましょう。

1.アプリの起動

アプリをタップして起動し、「アカウント作成」→「次へ」→「許可」をタップします。すると、「アカウント作成」画面が表示されます。

アプリの起動

2.アカウント作成

「アカウント作成」画面で、「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「同意してはじめる」をタップします。すると、プロフィールの入力画面が表示されます。

アカウント作成

3.登録完了

プロフィールの入力画面で、右上の「スキップ」をタップします。すると、登録が完了してアプリのホーム画面が表示されます。

登録完了

メールアドレスだけで簡単に登録できるんだね。それで、家計簿を自動化するにはどうするの?
家計簿を自動化するには給与口座の銀行とかクレジットカードとかを登録して連携すればいいだよ。あと、よく使う通販サイトなんかも連携すると便利だよ。

金融機関と連携しよう。

家計簿を自動化するために、各金融機関・サービスと連携しましょう。ここでは例として三井住友銀行の登録方法を紹介します。

1.「口座」画面の表示

アプリのホーム画面の下部にあるメニューより、「口座」をタップします。

「口座」画面の表示

2.金融機関・サービスの選択

「口座」画面より、「銀行」の「連携する」→「三井住友銀行」をタップし、「三井住友銀行と連携する」をタップします。

金融機関・サービスの選択

3.ネットバンクサービスにログイン

ネットバンクのログイン画面より、「契約者番号(もしくは店番号と口座番号)」「第一暗証」を入力し、「ログイン」をタップします。

ネットバンクサービスにログイン

4.利用申込

利用申込画面より、画面下部にある「上記に同意の上、・・・」にチェックを入れ、「利用申込」をタップします。

利用申込

5.取得データ設定

「取得可能なデータをすべて取り込む」にチェックが入っていることを確認し、「保存」をタップします。これで銀行との連携は完了です。「開く」をタップしてアプリに戻ります。

取得データ設定

6.連携可能ジャンル

今回は銀行口座の連携方法を紹介しましたが、その他にも下記ジャンルの連携が可能です。すべて合わせると、2665以上の金融機関・サービスになります。

  • 銀行
  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • 通販サイト
  • ポイント
  • 証券
  • 携帯
  • 年金

連携可能ジャンル

Money Forwardに関するまとめ

  • 無料の自動家計簿アプリ・Webサービス
  • メールアドレスだけで会員登録が可能
  • 給与口座やクレジットカードを連携して自動化
  • よく使う通販サイトや携帯料金も連携可能

金融機関と連携することで自動化できる家計簿アプリ・Webサービス「Money Forward」を是非、使ってみて下さい。

Money Forward」で節約しよう!

App Store / Google Play

投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。