目を引くイラストでアイキャッチ作成?AI-Catcherで作ってみた

AI-Catcher,アイキャッチャー
ブログ記事のアイキャッチ、目立って訴求力のあるものを作りたいなあ。
それならAI-Catcher(アイキャッチャー)がおすすめだよ!漫画調のイラストを使ったアイキャッチを、誰でも簡単に作ることができるんだ。

AI-Catcher(アイキャッチャー)は商標利用可能な無料・フリーイラスト素材サイトです。

また、サイト内のブラウザツール「AI-Maker」を使用すれば、メディア向けのイラスト・バナーやブログ用のアイキャッチを簡単に作成することができます。

目を引くイラストでアイキャッチ作成?AI-Catcherで作ってみた

 

漫画調のイラストが豊富!

フリーイラスト素材サイト「AI-Catcher」では、実用性の高いイラスト素材を無料で使うことができます。

『漫画で分かる経済学』などの『漫画で分かる』シリーズに使われているような、漫画調の人物系のイラストが豊富に揃っています。

目を引くイラストでアイキャッチ作成?AI-Catcherで作ってみた

漫画調のイラストって親しみやすさもあって人目をひきやすいのが良いですよね。

「吹き出し」や「アイコン」なんかもありますよ。

目を引くイラストでアイキャッチ作成?AI-Catcherで作ってみた

漫画調のアイキャッチやバナーを作りたい人には、うってつけのサイトです!

 

無料・フリー素材&商標利用が可能!

AI-Catcherで使えるイラスト素材は、会員登録不要で無料で使用することができます。メールアドレスの登録を求める素材サイトも多い中、手間がなくてうれしいですね。

もちろん商標利用も可能です。

ただし、運営者の希望としては出展の表記を行ってほしいとのこと。必須ではありませんが、問題なければ協力しましょう。

また、AI-Catcherのキャラクターのイメージを損なわないような利用をしてくださいとのこと。当然ですね。

AI-Catcher – 商標利用について

 

AI-Maker|サイト内で作成してみた!

サイト内ツール「AI-Maker」を使えば、サイト内でアイキャッチの編集まで行うことができるのも魅力。

他にはないイラスト素材が使えるだけじゃなくて、サイト内で編集までできちゃうんだね!
それがAI-Catcherの他にはない魅力だね。イラスト入手からアイキャッチ作成まで、同サイト内で完結するからお手軽なんだ。

早速、この記事のアイキャッチを作ってみました!以下、作成手順です。

 

画像サイズを指定する

上部タブ「AI-Maker」をクリック。

まずは作成する画像サイズを指定しましょう!

今回はブログ記事用のアイキャッチを作成したいので、Large(600×300)で指定してみました。(※サイズは最大600×300ですので、留意しておきましょう)

目を引くイラストでアイキャッチ作成?AI-Catcherで作ってみた

 

デフォルトのイラストとテキストを削除する

最初はデフォルトのイラスト素材とテキストが配置されているので、一旦削除しましょう。

「素材の重ね順」タブからそれぞれ素材を選択し、「削除」をクリックすればまっさらな状態になります。

目を引くイラストでアイキャッチ作成?AI-Catcherで作ってみた

 

イラストなどの素材を追加する

アイキャッチに使用したいイラストを選択して、「貼り付け」を行います。

今回は明るい笑顔の女性と、背景色のある吹き出しを選んでみました。

目を引くイラストでアイキャッチ作成?AI-Catcherで作ってみた

 

テキストを追加・編集する

「+テキストを追加する」からテキストを追加して、テキスト内容やフォント・サイズ・カラーを編集します。

1つのテキスト内で改行ができないため、その場合は新たなテキストを追加する必要があります。テキストを追加するときは「複製」を使うと早いですよ!

目を引くイラストでアイキャッチ作成?AI-Catcherで作ってみた

 

作成した画像を保存する

最後に、完成した画像を忘れずに保存しましょう!

目を引くイラストでアイキャッチ作成?AI-Catcherで作ってみた

パワーポイントのような要領で、簡単にアイキャッチを作成することができました。

目を引くイラストでアイキャッチ作成?AI-Catcherで作ってみた

 

AI-Makerは重さや自由度の低さに改善の余地あり

今回「AI-Maker」を使ってアイキャッチを作ってみましたが、まだ改善の余地ありだと感じました。

たしかに便利なのですが、やや動作が重いことと、編集の自由度がそれほど高くないことが気になりました。アイキャッチの作成のし易さという点では、既に紹介した「Canva(キャンバ)」に軍配が上がるかなという印象です。

記事公開時点ではβ版ということで、今後の改善に期待したいです。

 

AI-Catcherに関するまとめ

・無料・フリーで使えるイラスト素材サイト
・イラストは『漫画でわかる〇〇』のような漫画調のものが中心で親しみやすい
・商標利用が可能。ただし、出展表記の協力(任意)とキャラクターイメージを損なわない使用を!
・サイト内ツール「AI-Maker」で、アイキャッチやバナーを作成することができる
・「AI-Maker」は便利だが、動きがやや重く自由度があまり高くないか。記事公開時点ではβ版なため、改善に期待。

漫画調のイラスト素材がここまで豊富に揃っているフリー素材サイトは、なかなかないのではないでしょうか。

漫画風なアイキャッチを作って、他のブログと差をつけましょう!

AI-Catcher(アイキャッチャー)

投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。