Speech bubble※吹き出しの会話を表示できるプラグイン

Speech bubble,吹き出し,プラグイン
ブログで、FacebookやLINEみたいな吹き出しの会話を見ることがあるんだけど、あれってどうやってるの?
あれはね、「Speech bubble」っていうWordPressプラグインを使えば、簡単にできるよ。9種類の吹き出しが用意されていて、Facebook風やLINE風の吹き出しもあるんだよ。

Speech bubbleとは、吹き出しの会話を表示することができるWordPressプラグインです。最初から用意されているテンプレートデザインが、Facebook風・LINE風など9種類あります。

この記事では、そんな便利なWordPressプラグイン「Speech bubble」の魅力や使い方をご紹介していきます。

Speech bubbleの魅力と評価

Speech bubbleとはどんなツールで、何ができるのか?また、利用者の評価をご紹介します。

1. Speech bubbleの魅力とは?
  • 記事に吹き出しの会話が表示できる
  • 吹き出しはLINE風・Facebook風など全9種類
  • 設定の必要がなく、ショートコードを貼り付けるだけ
  • ショートコードから画像・名前・セリフの変更が可能
2. Speech bubbleの評価は?

Speech bubbleの利用者の声をご紹介します。

ショートコードを貼り付けるだけなので、知識があまりない私でも簡単に吹き出しの会話を表示することができて、重宝しています。
Facebook風やLINE風など全部で9種類もあるので、記事の雰囲気に合わせて使い分けてます。考えている風の吹き出しも面白いです。

Speech bubbleの導入手順

プラグインのインストールと有効化を行います。

1.プラグインのインストール手順

管理画面より「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。表示された「プラグインの追加」画面の右上にある「検索ボックス」に「Speech bubble」を入力し、「Speech bubble」欄の右上にある「今すぐインストール」をクリックしてインストールします。すでにインストールされている場合は「有効化」が表示されます。

プラグインのインストール手順

2.プラグインの有効化手順

インストールが完了すると、「今すぐインストール」が「有効化」に変わります。その「有効化」をクリックして完了です。

プラグインの有効化手順

吹き出しの会話を表示させよう。

吹き出しを表示されるには、下記のようなショートコードを貼り付けるだけです。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”画像名.jpg” name=”名前”] セリフ[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”画像名.jpg” name=”名前”] セリフ[/speech_bubble]

吹き出しの表示

吹き出しの内容を変更しよう。

ショートコードの画像名・名前・セリフを変更することで、吹き出しのアイコン・名前・セリフを変更することができます。

1.吹き出しのアイコン変更

ショートコードの「icon=”画像名.jpg”」の画像名の部分を変更することで、吹き出しのアイコンを変更することができます。ちなみに、画像は100×100pxに自動でリサイズされて表示されます。

吹き出しのアイコン変更

2.吹き出しの名前変更

ショートコードの「name=”名前”」の名前の部分を変更することで、吹き出しの名前を変更することができます。

吹き出しの名前変更

3.吹き出しのセリフ変更

ショートコード「[speech_bubb…] セリフ[/speech_bubble]」のセリフの部分を変更することで、吹き出しのセリフを変更することができます。

吹き出しのセリフ変更

ショートコードを貼り付けるだけで簡単にLINE風の吹き出しの会話が表示できるんだね。Facebook風にするにはどうしたらいいの?
それはね、ショートコードの「type」を変更することで変えられるよ。全部で9種類あるから、いろいろ試してみて。

吹き出しの種類を変更しよう。

ショートコードの「type」を変更することで、吹き出しの種類を変更することができます。また、ショートコードの「subtype」を変更することで考えている風の吹き出しにすることもできます。

1. Facebook風吹き出しに変更

ショートコードの「type=”ln”」の「ln」の部分を「fb」または「fb-flat」に変更することで、吹き出しをFacebook風に変更することができます。また、その他の「drop」「std」「ln-flat」「pink」「rtail」「think」を含めて、吹き出しの種類は全部で9種類にあります。

Facebook風吹き出しに変更

2.考えている吹き出しに変更

ショートコードの「subtype=”L1″」の「1」を「2」に変更することで、考えている吹き出しに変更することができます。

考えている風吹き出しに変更

Speech bubbleに関するまとめ

  • 吹き出しの会話を表示することができるWordPressプラグイン
  • インストールと有効化をしたら、設定無しで使うことができる
  • 使い方はショートコードを貼り付けるだけ
  • ショートコードでアイコン画像・名前・セリフを変更可能
  • 吹き出しはLINE風・Facebook風など全部で9種類を用意
  • 考えている風の吹き出しにすることも可能

LINE風・Facebook風の吹き出しの会話を表示することができるWordPressプラグイン「Speech bubble」を是非、使ってみて下さい。

投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。