「Anews」AIが最適なニュースを配信してくれる

Anews
会社やプロジェクトに関連する情報の収集って大変なんだよね。グーグル検索だけでは限界で、何かいい方法ないかな?
そんな時は「Anews」を使うといいよ。AIが会社やプロジェクトに関連した情報を収集して配信してくれるんだ。グーグル検索のようなマニュアルでは見つけられないローカルなニュースも拾ってくれるからすごく便利だよ。

Anewsとは、ストックマーク株式会社が運営する企業向けニュース配信サービスです。気になったニュースに「Mark」やコメントをすることでAIが学習し、会社やプロジェクトに最適な最新のニュースを毎日配信してくれます。マニュアルの検索では網羅できない情報もしっかり拾ってくれます。

この記事では、そんな便利なニュース配信サービス「Anews」の魅力や使い方をご紹介していきます。

 Anewsの魅力と評価

Anewsとはどんなツールで、何ができるのか?また、利用者の評価をご紹介します。

1. Anewsの魅力とは?
  • 毎日、最新のニュースが配信される
  • AIが学習して最適なニュースを収集
  • ローカルなニュースも見落とさない網羅性
2. Anewsの評価は?

Anewsの利用者の声をご紹介します。

これまでは英語のウェブニュースを、英語が得意なメンバーが自分でまとめて、部署内にメールで送っていましたが、そういった作業がなくなり他の仕事に注力できるようになりました。

部署内で「そのニュース、Anewsで出ていたよね」「**さんが、コメントしていたニュースだけど…」という会話が出てきました。また「**さんが結構コメントしているから、私もキャッチアップしよう」といった情報収集への意識向上を非常に感じています。

(Anews公式サイト引用)

Anewsを導入したからこそアクセスすることができた情報は数え切れません。例えば、アフリカで起こった水不足に関する英語ニュースなど、ローカルでしか配信されないようなニュースも拾ってくれています。Anewsは英語のニュースソースが非常に充実しています。日本語だけで情報収集した場合と英語を含めた場合では、得られる情報量が10倍に増えると言われています。しかし、人手で全てチェックするには限界がありますので、毎日様々なニュースソースからAIがユーザーの興味関心にあわせて取捨選択して記事を配信してくれるのは助かります。

(Anews公式サイト引用)

Anewsのアクセス先はこちら

下記URLより、Anews公式サイトにアクセスすることができます。

https://www.anews.cloud/

Anews アクセス

トライアルに申し込む

Anewsでは、まず2週間の「トライアル」を利用します。その後、無料の「フリープラン」か有料の「ライトプラン」「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」のいずれかに移行します。

1.トライアルのお申し込みページ

トップページの右側にある「トライアルを申込む」をクリックすると、新しいタブで「トライアルのお申し込み」ページが表示されます。さらに、ページの下にある「トライアルを申込む」をクリックすると、新しいタブで「基本情報の入力」画面が表示されます。

Anews トライアルのお申し込みへの手順

2.トライアルのお申し込み手順

トライアルのお申し込み手順は下記の4STEPになります。

  1. 基本情報の入力:氏名・メールアドレス・電話番号・会社名・部署名・役職名を入力します。
  2. キーワード設定:配信するニュースのキーワードを10個まで登録することができます。
  3. チーム設定:配信するチームメンバーの設定を行います。
  4. トライアル開始:2週間のトライアルが開始します。

Anews トライアルのお申し込み手順

これで「Anews」からニュースが配信されるんだね。
そうだよ。気になったニュースには「Mark」やコメントをするといいよ。まとめて後で読み返せる機能なんだけど、AIの学習にも使われるから配信するニュースの関連性が高くなっていくんだ。

Markやコメントを使う

Anewsでは、気になったニュースに対して「Mark」やコメントをすることができます。自分の「Mark」やコメントした記事は、ユーザー別記事管理から確認することができます。さらに、他メンバーの「Mark」やコメントした記事もまとめて確認することができます。

1.「Mark」のやり方

気になった記事カードの左下にある「✓」マークをクリックすると、「Mark」することができます。

Anews 「Mark」のやり方

2.コメントのやり方

気になった記事カードのコメントタブにある「コメントを書く/表示する」をクリックすると、コメントをすることができます。

Anews 「コメント」のやり方

3.自分の「Mark」やコメントした記事を確認する

画面の右上にある人形アイコン(ユーザー別記事管理)をクリックしてメニューを開き、下記の項目をクリックすると、それぞれの記事一覧が表示されます。

  • Markした記事:自分で「Mark」した記事の一覧
  • コメントした記事:自分でコメントした記事の一覧
  • 閲覧した記事:自分で読んだ記事の一覧

Anews自分の「Mark」やコメントした記事を確認する

4. 他メンバーの「Mark」やコメントした記事を確認する

画面の右側にあるTeam Activitiesメニューより他メンバーの「Mark」やコメントした記事を確認することができます。

Anews他メンバーの「Mark」やコメントした記事を確認する

Anewsに関するまとめ

  • はじめはトライアルからスタート
  • 気になった記事にMarkやコメントができる
  • Markやコメントはまとめて確認できる
  • MarkやコメントでAIが最適なニュースを学習

会社やチームに最適化された最新のニュースが毎日配信される企業向けニュース信サービス「Anews」を是非、使ってみて下さい。

「Anews」でチームのコミュニケーションを促進しよう!

投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。